“佳味”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うま37.5%
かみ37.5%
うめ12.5%
おいし12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等自分つたものゝ佳味いにもらず大勢ぐのが愉快なので、水許りのやうな甘酒幾杯けるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
じっさいそれは、アメリカだちょうと、せらるるものであった。全身は灰色で、その肉は佳味をもってせらる。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
婆奴等、そつちの偸嘴してねえで、佳味つたら此方つてう」先刻珠數いた小柄さんが呶鳴つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
連雀の藪蕎麦が近いから、あの佳味いので一銚子、と言われて涙を流した。親身の情……これが無銭である。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)