“小柄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こづか67.0%
こがら29.6%
しょうへい0.9%
こずか0.9%
こづくり0.9%
をから0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今後ふたたび心得違いをいたさぬように貴様の眼だまをつぶしてやると言って、小柄をぬいてわたしの両方の眼を突き刺しました。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ここへ、台所と居間の隔てを開け、茶菓子を運んで、二階から下りたお源という、小柄い島田の女中が、逆上せたような顔色
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
花下に緑色の一子房があって、直立し花をいている。子房には小柄があり、その下に大きな二枚の鞘苞があって花をしている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
見ると、誰が何うして投ったか、一條の小柄が相手の武士の首筋を縫って、血は庭石も浮くばかりに其辺をひたして居ります。
お友の語るところに依れば、お露は美人ならねどもその眼に人を動かす力あふれ、小柄なれども強健なる体格をえ、島の若者多くは心ひそかにこれを得んものと互に争いいたるを
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
次に許勢小柄の宿禰は、許勢の臣、雀部の臣、輕部の臣が祖なり。次に蘇賀石河宿禰は、蘇我の臣、川邊の臣、田中の臣、高向の臣、小治田の臣、櫻井の臣、岸田の臣等が祖なり。