青蛙堂鬼談せいあどうきだん
「速達!」 三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわたしの家の玄関に投げ込まれた。 拝啓。春雪霏々、このゆうべに一会なかるべけんやと存じ候。万障を排して、本日午後五時頃より御参会くだされ度、ほかにも五、六名の同席者あるべくと存じ候。但し例の俳 …
作品に特徴的な語句
にしておわる みち こう みん むらじ より みこ はずみ ぎょう しも 魚籠さかなかご かぶり 周章しゅうしょう もと 溝川みぞかわ 高粱コウリャン かえ 土竈どべっつい たく しん 青蛙せいあ しわぶ はた 退さが ぴき 立机りゅうぎ 彼女かれ くみ はず うしろ いど つい 顔容かおだち なり はなれ たか つく 忠義ただよし 単衣ひとえもの さる わだか 打毀ぶちこわ じつ から 大蛇だいじゃ 大人たいじん いえ つか はか わざわ 禁制きんぜい なじ とびら かわず 容貌きりょう とよ 宿しゅく もと ついや 粉薬こなぐすり 唯物ただもの 日向ひゅうが ひま 落着らくちゃく 服装みなり そう 癪気しゃくけ たが 瘡毒かさ こん こと わたし とっ くだ 河岸がし ゆか 洲先すのさき たく 火焔ほのお 廓内くるわうち うお たな 仕舞しまい やす たぶさ かつ かた 湿 湯沸ゆわか 享保きょうほ 仇討かたきうち