“粉薬”のいろいろな読み方と例文
旧字:粉藥
読み方割合
こぐすり76.9%
こなぐすり23.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かぢ「おう/\大層黒血が流れる、私のはツイ一軒いて隣だが、に癒る粉薬他処から貰って来てあるから宅へおいで」
細い小路を突き抜けると、支那町の真中へ出た。妙ながする。先刻から胸が痛むのでポッケットから、粉薬を出して飲もうとするがあいにく水がない。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『ええ、そうですわ』とに君江は答えた。そこで私は云った。『煙草にあの白い粉薬を載せて火をける。それでいいのだろう』君江は黙っていた
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
T君は雑嚢から解熱剤の白い粉薬を出して、その用法を説明してあたえると、老人は地にひざまずいて押し戴いた。それをみていて、僕はひどく気の毒になった。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)