“粉末”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こな60.0%
ふんまつ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可愛らしい手を出してつてる、あゝ/\可愛だ、のうるよ、……煙草粉末ぢやアつてけない
それから料理する前に炮烙でよくって湯の中へ適宜に入れて塩と砂糖を加えて三十分ばかりしながら煮ると粉末れてドロドロになる。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
じれったそうに、につめたわらをほうりだし、中のガラスびんをひとつずつ、だいじそうにとりだした。どのびんにも液体粉末がつまっている。
それが火口からつて形状は、西洋料理使はれるてゐるから菜花状ばれる。これには鎔岩粉末はつてゐるから多少暗黒色える。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)