“粉砕”のいろいろな読み方と例文
旧字:粉碎
読み方割合
ふんさい86.4%
こな9.1%
こまかき4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「みなさんの調査では、針目博士はからだを粉砕して、死んだのだろうという結論になっていますね。ぼくもだいたいそれに賛成します」
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
左右は千丈の谷なり、ふむ所に二三尺、一脚をあやまつ時は身を粉砕になすべし。おの/\忙怕あゆみて絶頂にいたりつきぬ。
我国の雪は鵞毛をなさず、降時はかならず粉砕をなす、風又これをく。に一昼夜積所六七尺より一丈にる時もあり、往古より今年にいたるまで此雪此国にざる事なし。