金属人間きんぞくにんげん
こんな文章 およそ世の中には、人にまだ知られていない、ふしぎなことがずいぶんたくさんあるのだ。 いや、ほんとうは、今の人々に話をして、ふしぎがられる話の方が、ふしぎがられない話よりもずっとずっと多いのだ。それは九十九対一よりも、もっととびは …
作品に特徴的な語句
せい かい そま ろう 一巡ひとまわ 三重さんじゅう 実体じったい 眼球がんきゅう 退避たいひ あじ さい かい もく 一片いっぺん 見舞みまい かか 気味ぎみ 空虚くうきょ 領域りょういき 引出ひきだし しん 宿直しゅくちょく たい たい 昨夕さくゆう 霊験れいけん ぬの きず たく そう けん がね 助骨ろっこつ 鉄片てつへん とびら しゅ 見物けんぶつ 大金おおがね 押入おしい 裸体らたい 挙動きょどう ごえ とら 確率かくりつ ぞろ 破片はへん 容易ようい 直径ちょっけい さか 落胆らくたん 白昼はくちゅう うな 最中さいちゅう 道理どうり さっ はじ 舌打したう 重力じゅりょく こと 生命せいめい 取次とりつ がま 恐怖きょうふ 怪談かいだん 博士はくし あるじ 主家おもや じょう 顔面がんめん 紙巻かみまき 弟妹ていまい 頭脳ずのう 頭痛ずつう 殺害さつがい 鮮血せんけつ 往来おうらい 仮面かめん 面持おもも つら ゆか 黒雲こくうん 何故なにゆえ 無帽むぼう 雑用ざつよう こな 鋼鉄こうてつ 脚光きゃっこう まわ あや ひら 創造そうぞう 隣室りんしつ