“紙巻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみまき25.0%
まき25.0%
シガー25.0%
シガーレット25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紙巻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれは、この重い鉄ぶたをあけるために、地上においてきた道具をとるために、穴からはいあがった。ついでに汗をふいて、大きく深呼吸をし、それからポケットから紙巻かみまきタバコを出して火をつけた。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それは半分の紙巻まき煙草であった。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
澄は悠然として、紫檀の机にりかかり、片手に紙巻シガーを吹かしながら『奥はどこか行つたのか』『はい滝の川へと仰しやいまして』『吉蔵は居たやうだの』『はい、ただ今まで起きてをりましたが、やはり気分が、勝れませぬと見えまして、部屋へ下つて居りまする』『さうか、それはてうどよいところ、そなたに話す事がある』と。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
東屋氏はそう云って、苦々しく紙巻シガーレットの吸いさしを海の中へ投げ込んだ。
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
東屋氏は紙巻シガーレットに火を点けると、舵手の私に向って口を切った。
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)