したゆく水したゆくみず
第一回 本郷西片町の何番地とやらむ。同じやうなる生垣建続きたる中に、別ても眼立つ一搆え。深井澄と掲げたる表札の文字こそ、さして世に公ならね。庭の木石、書斎の好み、借家でない事は、一眼で分る、立派なお住居。旦那様は、稚きより、御養子の、お里方 …
作品に特徴的な語句
ねが くる そち 尋常じみち むだ そなた 冷笑あざ 外出でまし 歩行ひろひ てう まどか 歴然れつき 衆人みな あだ 後日のちのち 機会しほ あし 装飾めか 真実ほんま 顔色いろ すす おろち ささ うべな 美麗うつく 密通くつつ いぢ 待遇あしらひ 離縁さつ 蝸牛くわぎう ひら 生存いきなが 怜悧さか 復習おさらひ 母御おやご 依頼たよ 蹲居うづくま 装飾つくり えにし 憤然むつ 紙巻シガー 巧手たくみ 帰宅かへり 痛痒いたみ 目配めま 標致きりよう 毛布けつと かみ 沈黙だま 放蕩のら さしを わか ぬる 無益むだ 指揮さしづ おやじ 所為しわざ 戯談じやうだん 生出おひい かしこま 恍惚うつとり かたじけ 皆々みんな せは 微酔ほろえい 真実まこと 弁解いひわけ まばゆ 交際つきあひ えり 帰宅かへ 絹布かいこ 尋常よのつね つむり 離縁 寒風かぜ 安直やす 相違ちがい 遅刻おそ かさ 危険あぶな こと 赤児やや 表門おもて 主翁あるじ 鹿子あれ ぐし 鑒識めがね しろがね つかえ しか まま 瞳光ひとみ