“標致”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりょう66.7%
きりやう16.7%
きりよう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“標致”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もう年が年でもあるし、小柄な、痩せた、標致きりょうも、よくない女であったが、あゝ、それを思うと、一層みじめなような気がする。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
斯うして見れば年も三つ四つ老けて案外、そう標致きりょうも好くないなあ! と思った。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
標致きりやうは、どうでも、金づくなら、私が負けるに、極まつた。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
はあ悲しやとばかりにて、お台所の片隅に、裁縫の手を止め、恍惚と考へ込むは、お園といふ標致きりようよし。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)