別れたる妻に送る手紙わかれたるつまにおくるてがみ
拝啓 お前——別れて了ったから、もう私がお前と呼び掛ける権利は無い。それのみならず、風の音信に聞けば、お前はもう疾に嫁いているらしくもある。もしそうだとすれば、お前はもう取返しの付かぬ人の妻だ。その人にこんな手紙を上げるのは、道理から言って …
作品に特徴的な語句
ちょい あおの さっき ひと くち ちょっ 微笑にこにこ そう ひい つら 微笑 母様ははさま のぞか ところ うみ 性質ところ あおむ 逆上ぼっ 最後のち ひと ところ ああ あたり 全然まるまる 理由はず 悲哀みじめ とっく ひねく 道理すじみち とっく そっ たよ 逆上こみあが 車夫つかい 斯様そん じか 宿うち 塵埃ぼこり ぶっ ちさ 過去これまで なんに 逆上こみあ ひか 彷徨うろうろ 情人ひと 如何どん さら にじ 湿しっ たの 紙包つつみ 習慣くせ せなか かん 早晩いずれ 往復やりとり つつまし おろ 待合ここ 戯談からか かせ 外聞ざま 明白ありあり そそ 待合うち いそが 種々いろん 母親おや 道理わけ さげす 状態ざま 努力はげみ がい 生計くら ちっ みの 多少いくらか こころ 微笑わら 夫婦いっしょ しまい 普通あたりまえ 加之それに 姿態ようす 其処そこら はた 目算あて かね ねむ 晩秋あき 熟〻つくづく