“弟妹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうだい38.1%
ていまい33.3%
はらから9.5%
いろと4.8%
おとうといもと4.8%
きやうだい4.8%
きようだい4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹藪がざわざわ鳴っていた。崖に挟まれた赤土路を弟妹達が歩いている。跣足になっているのも、靴を穿いているのもいた。
秘められたる挿話 (新字新仮名) / 松本泰(著)
両親と弟妹の四人は、戦争中に疎開先戦災にあって死に、東京で大学院学生兼助手をして残っていた、かれ左馬太だけが生き残っているのである。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
……故郷を離るる幾百里、望めば茫々として空や水なる海、山の上にも山ある山国に母をい、父を憶うて、恋しき弟妹の面影を偲ぶ心如何ならん。
帰らなむ父と母とのますところ妻と弟妹びあふ家
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
文字けて人中けつりつ、筆屋へをどりめば、三五何時をば賣仕舞ふて、腹掛のかくしへ若干金かをぢやらつかせ、弟妹つれつゝきなをばでもへの大兄樣
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
不幸は斯の屋根の下にもお志保を待受けて居た。来て見ると、もう継母も、異母弟妹も居なかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その弟妹や父親達が卑劣な虚栄心やら、厚顔無智であつたりするために、暮しの恰好もつかぬ矛盾に悩まされ通しだつた。
茜蜻蛉 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)