“筆屋”の読み方と例文
読み方割合
ふでや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いろいろのにまじって、一けんの筆屋がありました。おじいさんが、店先にすわってや、をつくっていました。
山に雪光る (新字新仮名) / 小川未明(著)
「あすこでござんすよ。あの筆屋から両替看板ってゆく、あの頭巾をかぶった後姿。——」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
團子屋頓馬ぬとのやうにかへるぎ、筆屋掛提燈もなくたゝきされて、らんぷなし店先喧嘩なりませぬと女房きもばこそ、人數大凡十四五
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)