“きょうだい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
姉妹29.1%
兄妹27.6%
兄弟17.8%
姉弟12.9%
同胞6.7%
弟妹2.1%
鏡台1.5%
妹弟0.8%
義兄弟0.5%
兄弟姉妹0.3%
妹姉0.3%
姉達0.3%
橋台0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は炬燵にあたりながら、姉妹の子供を眺めて、どうして自分の仕事を完成しよう、どうしてその間この子供等を養おう、と思った。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
九尺二間の星野門弥の家から大病人の目を盗んで刀を持出すことは何でもない、門弥兄妹と嘉平太の睨み合いは町内で知らぬ者もない
小さい太郎は、兄弟がなくてひとりぼっちだったからです。ひとりぼっちということは、こんなとき、たいへんつまらないと思います。
かぶと虫 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
姉弟は、おさんのりをっていました。そして、どうしてもんで、それをしてもらわなければならないときめていました。
小ねこはなにを知ったか (新字新仮名) / 小川未明(著)
随分一緒にもなって同胞のようにしてたけど……してたというだけで、ただそれだけのものじゃないか、お前さんもよっぽど廻り気の人だね
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
長太郎の願書には、自分も姉や弟妹といっしょに、父の身代わりになって死にたいと、前の願書と同じ手跡で書いてあった。
最後の一句 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
した秋海棠が、伊満里花瓶した姿もなまめかしく、行燈のように立昇って、部屋中程てた鏡台に、鬘下地人影がおぼろであった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
妹弟の世話、床のあげさげが、次の妹へと順送りになると、煙草盆掃除から、客座敷の道具類の清ぶきになる間までに、庭掃除から、玄関掃除、門口に箒目を立てて往来の道路まで掃くこと
また、義兄弟仲のくせして。——と兵卒たちが、守備をすてて、関羽、張飛のまわりへ立って聞いていると
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
世高の両親はとうに没くなって、他に兄弟姉妹もないので、世高は何事も思いのままであった。彼は蘇州の我家へ帰るなり秀英と華燭の典をあげた。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そういうことを、貴女は自分で可笑しいと思わないんですか。前川と新子さんとが、普通の関係で、貴女方妹姉までの面倒が見られますか。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
けれども私はそれは彼女の姉達の見あやまりではなかろうかと思ってやまないのである。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
河中に岩石突兀として橋を架ける便宜が無いのと、水勢が極めて急激で橋台を突き崩してうのとで、少しく広い山河には一種のを懸けて、旅人はの両岸に通ずる大綱手繰りながら
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)