芳川鎌子よしかわかまこ
大正六年三月九日朝の都下の新聞紙は筆を揃えて、芳川鎌子事件と呼ばれたことの真相を、いち早く報道し、精細をきわめた記事が各新聞の社会面を埋めつくした。その日は他にも、平日ならば読者の目を驚かせる社会記事が多かった。たとえば我国の飛行界の第一人 …
作品に特徴的な語句
あず ひと たとい づま はね 平日つね 後日のち つら なく 狼狽あわて ざま 分明はっきり ドラマ むな ゆう した わき うえ 以外ほか さめ 白鞘しろさや 削除のぞ りき あい 道程みちすじ のべ あり うずく 確乎しっかり 赤裸せきら あげつ 誰人だれ 覚醒めざめ かか いと みた つま しきり はなはだ わずか だこ あした および のが めし そその 明瞭はっきり ふる 誰人たれ 穿うが 嫉妬やきもち つき 糊塗ごまか ふる ゆる 扮装ふんそう すで かく かか 手向たむけ かか 悉皆すっかり きこ 見幕けんまく 瀕死ひんし しか 熾烈しれつ 猪股いのまた 猶更なおさら 瓦版かわらばん 生命いのち 由緒ゆいしょ 畷路なわてみち きず なお 直様すぐさま 相応ふさわ 相殺そうさい 眉根まゆね 禁錮きんこ 空家あきや 紛々ふんぷん から 綺麗きれい 縷々るる ののし むれ ふけ