“猶更”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なおさら57.5%
なほさら34.5%
なおさ6.9%
なほさ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それに二三日、負傷をする者がありますから、猶更、此の礁は竜王様がおるとか、竜王様のみがかかっておるとか申しまして」
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
人の上に立つものはそれだけに苦労が多く、里方がこの様な身柄では猶更のこと人にられぬやうの心懸けもしなければ成るまじ
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「だから、猶更ら恐ろしいのです。奴のやり口には、何だか途方もない、はずれなところがあります。決して尋常の敵ではありません」
偉大なる夢 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
まこと言ひせし事だになけれども、我のみの哀れは中々に深さの程こそ知れね、つれなき人の心に猶更ら狂ふ心の駒を繋がむ手綱もなく、此の春秋は我身ながらかりし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)