“猶予”のいろいろな読み方と例文
旧字:猶豫
読み方割合
ゆうよ69.1%
ためら24.1%
ため4.9%
いうよ0.6%
ためらい0.6%
たゆたふ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尤も回答留保ったって、先方がいうんじゃあないんで、こっちが胸をさすって、それまで猶予してやろうという意味あいなんですが。
遺産 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
早くと思うに、木戸番の男、鼻低う唇厚きが、わが顔を見てニタニタと笑いいたれば、何をか思うと、その心はかり兼ねて猶予いぬ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と片手に燐寸を持ったと思うと、片手がと伸びて猶予らわず夫人の膝から、古手紙を、ト引取って
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
上下共何か事がありさうに思つてゐた時、一大事と云つたので、それが門番の耳にも相応に強く響いた。門番は猶予なく潜門をあけて二人の少年を入れた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
老媼もお通に言出しかねて一日れに猶予しが、厳しく乞食僧に催促されて、わで果つべきことならねば、止むことを得で取次たるなり。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こゝにいたりて激浪にのぼりかねて猶予ゆゑ、漁師ども柴橋わたし、にちかきの上の雪をほりすてこゝに居てかの掻網をなす。