妖僧記ようそうき
加賀の国黒壁は、金沢市の郊外一里程の処にあり、魔境を以て国中に鳴る。蓋し野田山の奥、深林幽暗の地たるに因れり。 ここに摩利支天を安置し、これに冊く山伏の住える寺院を中心とせる、一落の山廓あり。戸数は三十有余にて、住民殆ど四五十なるが、いずれ …
作品に特徴的な語句
何処いずかた とこしえ とどめ おおむ じゃ おもて 思出おもいいだ かさね いわ くん たわぶ 歩行あゆ とどま 誰人たれひと ゆるし あい ひやや 花車かしゃ いぶ おおい 遁出にげいだ 一日いちじつ 猶予ためらい しりぞ とく とど くちなわ うた 這出はいい おわ たなそこ わが 仕出しい ことば 黄昏こうこん 饒舌しゃべり くびす 檀越だんえつ もと ひそか 媒妁なかだち うべな いた あなが 彼奴かやつ いま くれない かたま まばゆ 発出みいだ もの いや 打敲うちたた せな あるい けん なまじい かんばせ かたくな 何処いずく ゆが 出離いではな あきら のが うる 懊悩うるさ なげう 賁臨ふんりん たくみ 憐愍れんみん あら かなし かか はら うご みつぎ うたい ぬぐ いま かすか 忌憚いみはばか なが もう まみ 蓮池れんち 請来こいきた 引承ひきうけ 一人いちにん まと ろう いずく けだ