“雪崩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なだれ50.9%
なだ47.2%
ゆきなだ1.4%
アヴァランシュ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血を吐くような源三郎の声が聞こえた秒間、しすましたりと、こなたは丹波を先頭に、ドッ! と唐紙を蹴倒して、雪崩こみました。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
たちまち、舞台横の開いた扉の辺に幾重にもかたまっていた若い男女がそれに向って雪崩れ、素早く腰をおちつけた者が三四人ある。
三月八日は女の日だ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
登山の途中雪崩れにされて、知れずになったものの骨が、四十年後に氷河の先へ引懸って出た話や、四人の冒険者が懸崖の半腹にある、真直に立った大きな平岩を越すとき
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……頭の上の大きな雪蛇腹……そいつがいま壊れて……雪崩だア!……ちょうど三人の頭の上へ、……あと、十、……あと五米、あと、一米! あっ!……もう見えなくなってしまいました。