“鰆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さわら92.3%
さはら7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
△「う云ったっけが間に合わねえから、此の玉子焼にの照焼は紙を敷いて、手拭に包み、猪口を二つばかりかしてこう」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「俺のところだって、この頃は鮎のフライがある。それには今しゅんだな。コールドビーフが食べたいな。おい。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
があがるころとなると、大地の温みに長い冬の眠から覚めたこの小さな蔬菜は、そのべつたく、柔かな葉先で、重い畔土のかたまりを押し分けて、毎日のやうに寸を伸して来る。
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)