“寒鯉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんごい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寒鯉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それは知らないけれども、孟宗もうそうたけのこの話だの、王祥の寒鯉かんごいの話だの、子供の頃に聞いて僕たちは、その孝子たちを、本当に尊敬したものです。」
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
寒鯉かんごい一擲いってきしたる力かな
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)