“山女魚”の読み方と例文
読み方割合
やまめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水底の岩の間に、を休めている魚たち、うぐいやや、山女魚など、六七寸もあるのを、びっくりするほど巧みに掴んで来る。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
私の、山女魚釣りを習った場所は奥利根であった。この地元では春先、山女魚を釣るのに餌は鰍の卵と、山ぶどうの虫を餌に用いたのである。
鰍の卵について (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
山女魚の煮付かなにかを皿に盛り上げ、コップ酒を飲んでいたが、子供を背負った私のほうには、おかしな野郎だと言うような一瞥を投げただけだった。
箱根の山 (新字新仮名) / 田中英光(著)