“山魚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまめ85.7%
やまべ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山魚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
七兵衛が、多摩川の岸の岩の上に立って、水の中を見ながら、それそこにはあゆがいる、山魚やまめがいる、かじかがいる、はやがいる、おこぜがいる、ぎんぎょがいる。
秋の水がつめたくなって、はや山魚やまめもいなくなったいまじぶん、なにをる気か、ひとりの少年が、蘆川あしかわとろにむかって、いとをたれていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし百姓たちの村に入るところに大きな河が流れて、その河には、秋になると、岩名いわな山魚やまべが沢山に泳いでいました。
三人の百姓 (新字新仮名) / 秋田雨雀(著)