“やまめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
山女魚56.9%
山女18.5%
9.2%
山魚9.2%
山目1.5%
山鯇1.5%
鉱山奴1.5%
1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の、山女魚釣りを習った場所は奥利根であった。この地元では春先、山女魚を釣るのに餌は鰍の卵と、山ぶどうの虫を餌に用いたのである。
鰍の卵について (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
女学生たちのゆう飯の膳に出たものは、山女の塩焼と豆腐のつゆととで、平の椀には湯葉と油揚とが盛ってあった。
山椒魚 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私は可笑しくなった、そんなことでや岩魚が釣れるなら世話はないと思った。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
夕方釣つて來たといふ山魚魚田も添へてあつた。折柄烈しく音を立てゝ降りそめた雨を聞きながら、火鉢を擁して手づから酒をあたゝめ始めた。
みなかみ紀行 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
糸の先には山目一尾溌溂と銀のようにっていた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
とうとう一尾も釣れずに家へ帰ると、サアられた怒られた、こん畜生こん畜生と百ばかりも怒鳴られて、香魚山鯇は釣れないにしても雑魚位釣れない奴があるものか
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『小さい奥様』と呼んでいた。だが、あの鉱山奴のおかげで、我々は何もかも忘れてしまったのだ。あれは娘の学校の話を
女「アノが出来ます」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)