“一尾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっぴき57.1%
いつぴき21.4%
いちび14.3%
ひとつ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か魚でも釣って来ておにしてあげましょうって今までって釣をしていましたよ、運が悪くって一尾も釣れなかったけれども
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一尾獲物い。いのを承知で、此処むとふのは、けるとめたへ、ともへない、しいる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
剣幕に驚きまどひて予もたゞしく逃出だし、れば犬は何やらむ口にへて躍り狂ふ、こは怪し口に銜へたるは一尾なり、そも何ぞと見むと欲して近寄れば、獲物を奪ふとや思ひけむ
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
私へ、斜めに、瓜を重いように、しなやかに取って、据えて、二つに分けると、魚が一尾、きらりと光り、チンチンチンとが鳴るとしく、ひらりと池の水へ落ちました。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)