雁坂越かりさかごえ
その一 ここは甲州の笛吹川の上流、東山梨の釜和原という村で、戸数もいくらも無い淋しいところである。背後は一帯の山つづきで、ちょうどその峰通りは西山梨との郡堺になっているほどであるから、もちろん樵夫や猟師でさえ踏み越さぬ位の仕方の無い勾配の急 …
作品に特徴的な語句
莞爾にこつく 偶然ふっと よし もの ささ 挙動しうち まわ なさ 柔和やわらか づら 往来ゆきかい がわ おっし もつ のろ 先日せん とこ あし おっか あて 大概おおよそ だて 飄然ふい 焦躁じれ 面貌かおつき きつ ふたた 家族ひと さが 扮装つくり そむ かお 長閑のんき 間々ひまひま 踏掛ふんがけ たた 魚肉にく しも ちいさ わらい うっ ばん すこし 連続つながり はず とら 思慮かんがえ おそろ 監視みまわり 先日いつか ひど 応答うけこた 点頭うなずい かん さえぎ きり しずか 憐愍あわれみ 此村こっち そら くるし おおき とど よこ きっ 命令いいつ 年老としお かこつ かね 準備ようい ことば かかわ おなか つらな こうむ 男女おとこおんな じゅつ おだ つち 性質うまれつき おくび ひと いや こら いだ ごし 腥気なまぐさっけ くく うっす きたな 衣服なり がみ みんな