“噫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ああ52.9%
あゝ26.0%
おくび18.3%
1.0%
あツ1.0%
げっぷ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かうしてゐるも宮の事は忘れかねる、けれど、それは富山の妻になつてゐる今の宮ではない、、鴫沢の宮! 五年の宮が恋い。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
るととする。のある鉛色生物のやうに、にそれがいてゐる。つてひたい。此手つたはしい。
ただ先方はどこまでも下手に出る手段を主眼としているらしく見えた。不穏の言葉は無論、強請がましい様子はにも出さなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
、世も許し、人も許し、何よりも自分も許して、今時も河岸をぞめいているのであったら、ここでぷッつりと数珠を切る処だ!……思えば、むかし、夥間の飲友達の、遊びけて
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一聲床几からちさう、脾腹へていたのは、民子與曾平親仁
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
そうかと思うとのような溜息らして自分の無学をさもなさそうにんだ。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)