“鉛色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なまりいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉛色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語3.4%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鉛色なまりいろの谷窪の天地に木々はがさのように重くすぼまって、白いしずくをふしだらに垂らしていた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
再び彼は鉛色なまりいろに蒼ざめた。しかし、先と同じく彼は怒りを完全におさへた。彼は力を入れて、しかし落着いて答へた。