“鉛玉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なまりだま66.7%
なまり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉛玉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と言って、米友が鉛玉なまりだまを飲まされたように、眼をまるくせざるを得ませんでした。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「名うてな釘抜きだといい聞かせているのに、ムダなあがきをしやがって、ふざけた野郎だ。さッ、お白洲しらすだぞ、世話をやかせずに、泥を吐かねえと、捕縄の端の鉛玉なまりだまが横ッ面へ飛んで行くからそう思えッ」
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのほか、隅々まで舞台えばかりを主眼にしてありまして、利き処利き処には無闇と針金や鯨鬚くじらひげ鉛玉なまりなんぞを使ってあるのですが、それでいてスッキリと、しなやかにという注文ですから職人もよっぽど屁古垂へこたれたことでしょう。
押絵の奇蹟 (新字新仮名) / 夢野久作(著)