カーライル博物館カーライルはくぶつかん
公園の片隅に通りがかりの人を相手に演説をしている者がある。向うから来た釜形の尖った帽子を被ずいて古ぼけた外套を猫背に着た爺さんがそこへ歩みを佇めて演説者を見る。演説者はぴたりと演説をやめてつかつかとこの村夫子のたたずめる前に出て来る。二人の …
作品に特徴的な語句
とど きょく じき だて うし 揺曳たなび かたわ いだ へん くゆ みど かえ ひだ あらわ じゅ 一片いっぺん 煙管ぎせる 三度みた あが ただ あきら つもり むな ともな たて 節奏せっそう 何人なんびと かご いお 如何いかが づくり かえ 哲人セージ むこう のろい うち むか 我説わがせつ のち 往来おうらい かた あた やに 寂然せきぜん いえ しつ おおい せい 辣韮らっきょう くだ おわ 高塀たかかべ いただ 何時なんどき うな そろ 候事そろこと 候迄そろまで はい いと とり 発起ほっき はか とく 面型マスク ふえ ころ あご かまど 窈然ようぜん かざ 硝子ガラス たてがみ なが 真直まっすぐ 真丸まんまる とき 鳶色とびいろ 独逸ドイツ 点綴てんてつ 一方ひとかた 煙草たばこ すす 麁獷そこう じい はい 物寂ものさ ひと 異名いみょう