“辣韮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らつきよう66.7%
らっきょう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
形やや辣韮に似たまひき
池のほとりに柿の木あり (新字旧仮名) / 三好達治(著)
辣韮 百匁 拾圓也
荷風戦後日歴 第一 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
私達は草鞋掛のまま炉辺で足を休めた。細君が辣韮塩漬にしたのと、茶を出して勧めてくれた。いた私達の口には小屋で飲んだ茶がウマかった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼はむしろ懸崖の中途が陥落して草原の上に伏しかかったような容貌であった。細君は上出来の辣韮のように見受けらるる。今余の案内をしている婆さんはあんぱんのごとくるい。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)