“麦扱”の読み方と例文
旧字:麥扱
読み方(ふりがな)割合
むぎこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“麦扱”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此方からも麦扱むぎこきを借りたり、饂飩粉を挽いてもらったり、豌豆えんどうや里芋を売ってもらったりした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
君は余の不相変あいかわらずぼんやりして麦扱むぎこきをして居るのを見て、正気だと鑑定かんていをつけたと見え、来て見て安心したと云った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)