“極暑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごくしょ60.0%
ごくしよ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「君、今ごろでも薄いリボンをかけるものかな。あれは極暑に限るんじゃないか」と聞いた。与次郎はアハハハと笑って
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一日晩方極暑のみぎりでありました。浜の散歩から返ってござって、(和尚さん、と海へ行って御覧なさいませんか。綺麗な人がいますよ。)
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なる茶屋す——極暑病氣のため、えて、故郷すがら、茶屋んだです。背戸紫陽花まれてました。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
嵐気る、といふに、心細い、と都会極暑むだ方々からは、その不足らしいのをおしかりになるであらうが、行向ふ、正面次第立累真暗なのである。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)