“極意”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごくい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“極意”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典50.0%
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 茶道12.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それ見ろ、一度この中へ入って済度さいどを受けてみんことにゃ、世の中の人情というものの極意ごくいがわからん」
「平次、氣の毒だがもう錢が盡きたのか、鍋蓋の極意ごくい、面白かつたのう、——さア、此上は一刀兩斷だ、來いツ」