“極力”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょくりょく92.9%
きよくりよく7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“極力”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 貨幣・通貨100.0%
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
社会科学 > 政治 > 政治史・事情3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は醜い顔ゆえに、極力きょくりょく人目をさけながらも、碇の行方を探し、そして遂に探しあてて彼の身辺を狙うようになったんだ。
断層顔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
異変があるとすれば、極力きょくりょくしっかり気をおちつけて、そこを切りぬける工夫をしなければならないのだ。
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこでのことを極力きよくりよくつとめたのであるが、其結果そのけつくわ億圓おくゑん以上いじやう在外資金ざいぐわいしきん買取かひとることが出來できたのである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)