学問の独立がくもんのどくりつ
『学問の独立』緒言 近年、我が日本において、都鄙上下の別なく、学問の流行すること、古来、未だその比を見ず。実に文運降盛の秋と称すべし。然るに、時運の然らしむるところ、人民、字を知るとともに大いに政治の思想を喚起して、世事ようやく繁多なるに際 …
作品に特徴的な語句
ゆだぬ なげうち わかち ひび かたじけの いゆ またがっ あらたむ 何様なによう とう たつ 退しりぞ 便べん かしま ほろぼ むな もと ふたつ 人々にんにん 功徳こうとく とがむ 相償あいつぐの 等閑とうかん しこう しょう 軽々けいけい かろ 世事せいじ おわ たん ひだり 政事せいじ 故意こい 最中さいちゅう よわい ほろぼ 田圃でんぽ みな みが わたくし とき おだやか いま ついや ほこさき 長袖ちょうしゅう かん ふう よわい 一朝いっちょう 一臂いっぴ 不慣ふなれ 不虞ふぐ 不遜ふそん 世々よよ 丹心たんしん 些少さしょう 佐幕さばく てい 俗様ぞくよう 兵粮ひょうろう 刺衝ししょう 勤王きんのう みぎ 咿唔いご 喋々ちょうちょう くちばし 在昔ざいせき 外患がいかん 多寡たか 天稟てんぴん 好悪こうお 妄漫もうまん 嫌忌けんき 尚武しょうぶ 工風くふう おの 幽窓ゆうそう 廟算びょうさん 廩米りんまい もてあそ 往々おうおう 後日ごじつ 得々とくとく 御有ぎょゆう 心地ここち 忖度そんたく 悉皆しっかい てい 懶惰らんだ
題名が同じ作品
学問の独立 (旧字旧仮名)正宗白鳥 (著)