“廟算”の読み方と例文
読み方割合
びょうさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは東洋全面の風波も計るべからず、不虞に予備するは廟算極意にして、目下の急は武備を拡張して士気を振起するにあり
学問の独立 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
同六日米艦本牧に入る、幕閣みな震う、会議夜に徹して、さらに定まれる廟算なし。廟算上に定らざれは、驚慌下においてさらに甚し。当時の事情を記するもの曰く
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
一方はに直径を取りて、打破的運動をなし、今日の事をして、今日の事をなさしめよといい、他方は廟算定まらざれば、一歩も動くを欲せず、その眼界は遠く百年に及ぶ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)