“外患”の読み方と例文
読み方割合
がいかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第五十三条 両議院ノ議員ハ現行犯罪又ハ内乱外患ル罪ヲ除ク会期中許諾ナクシテ逮捕セラルヽコトナシ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
るに今その敵に敵するは、無益なり、無謀なり、国家の損亡なりとて、ら平和無事に誘導したるその士人いて、一朝敵国外患の至るに当り
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
たとえば饑饉には救恤の備えをなし、外患には兵馬を用意し、紙幣下落すれば金銀貨を求め、貿易の盛衰をみては関税を上下する等、俗言これを評すれば掛引の忙わしきものなるがゆえに
学問の独立 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)