“外濠”の読み方と例文
読み方割合
そとぼり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その相迫りて危く両岸の一点に相触れんとする八見橋外濠の石垣を見せ、茂りし樹木のより江戸城の天主台を望ませたり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今日入船は大和の筒井順慶和泉中村孫兵次茨木中川藤兵衛、そのほか姫路からも外濠の大石が入港ってまいりますはずで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
現に外濠から窖道へ通ずる路をつけるときなどは、朝から晩まで一日働いて四十五サンチ掘ったのが一番の手柄であったそうだ。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)