“和泉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いずみ85.7%
いづみ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもその酢売は和泉の国と名乗り、薑売は山城の国と名乗つて居る処を見ると、これらの処が酢または薑の産地であつた事もわかる。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
今日入船は大和の筒井順慶和泉中村孫兵次茨木中川藤兵衛、そのほか姫路からも外濠の大石が入港ってまいりますはずで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
へば、淡路和泉は、古來茅渟たつたのを、今日はこの名稱ばないで和泉洋または大阪灣してゐる。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
和泉の山の茸狩の思ひ出は、十二三の年になりますまで四五年の間は一日も忘れることが出来なかつた程の面白いことでした。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)