“筒井和泉守”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つついいずみのかみ50.0%
つゝいいずみのかみ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南町奉行筒井和泉守、北町奉行榊原主計守、二人ながら立派な名奉行であったが、鼓賊にだけは手が出せなかった。跳梁跋扈すばかりであった。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
其の頃南の町奉行は筒井和泉守様で、お慈悲深くて御裁きが公平という評判で、名奉行でございました。丁度今月はお月番ですから、お慈悲のお裁きにあずかろうと公事訴訟が沢山に出ます。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)