“和泉橋”の読み方と例文
読み方割合
いずみばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぴたりとそこの和泉橋の上に立ち止まると、くぎづけになったようにたたずんだまま、しんしんとまた考えこみました。
近いところ筋違橋外と和泉橋御救小屋へ流れ込む人の数を見ねえ、一杯ずつ粥を施すんだって容易のことじゃねえ
黄金を浴びる女 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
和泉橋時代に金を貸して遣った学生に猪飼と云うのがいた。身なりに少しも構わないと云う風をして、素足に足駄を穿いて、左の肩を二三寸高くして歩いていた。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)