黄金を浴びる女おうごんをあびるおんな
「お駒さん、相変らず綺麗だぜ」 「あら、権次さん、お前さんは相変らず口が悪いよ」 「口の悪いのは通り者だが、お駒さんの綺麗なのと違って罪は作らねえ」 「何を言うのさ、いきなり悪口を言ったり、好い児になったり」 二人は顔を合せさえすれば、斯ん …
作品に特徴的な語句
ばらい おわり まじわ いい ゆるし いえ さま 道具もの いで むき 引下ひきさげ きら かえ 此方こっち みん にらみ しっか ぎょ 退 醜怪グロティスク かみ 使つかい いと あい とい おそれ ななめ しば かまえ まとま 考込かんがえこ はれ 逆上のぼせ きん つら ねがい うえ 丁度ちょうど なが 乗込のりこ しま たがい 今更いまさら せん おっ 住込すみこ 何処どこ 何時いつ しか まま 其処そこ 其場そのば かぶ しの 到頭とうとう 勿体もったい いや 取上とりあ 取縋とりすが 口惜くや 口説くど 吃驚びっくり ただ うな すす 国貞くにさだ 土産みやげ 塗籠ぬりごめ ふさ 売女ばいた ほか 小南こみなみ もっと 崩折くずお 差出さしだ 布子ぬのこ 度毎たびごと 引緊ひきしま ゆる 御座ござ かす 忿怒ふんぬ ことごと にく 手筐てばこ