“其場”の読み方と例文
読み方割合
そのば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というなり、彼等は、折角手にした懐中電灯も其場り出して、云いあわせたように、ペタペタと、地上に尻餅をついてしまった。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)
室中以上は、見解しないかないので、まらないを、わざとまつた取繕つた、其場りの挨拶であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
其人うてると、自分持地からは澤山破片るが、發掘したいといふ。らば近日發掘をさしてれと其場手金つた。