“住込”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すみこ75.0%
すみこみ12.5%
すみこん12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
慶蔵事十余年前麹町辺通行の折拾ひ候処隠場所にこまり当山満行寺へ住込み候を、大木へ上り隠し置き候申立て候由。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
されて辛々なり然れども少しは是にしと見え其後は惡き事もなさず中年にて奉公に住込隨分身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其処の長屋を貸すと云うので、早速岡本と私とその長屋に住込で、両人自炊の世帯持になった、夫れから同行の原田は下谷練塀小路大医大槻俊斎先生の処へ入込だ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)