“大槻俊斎”の読み方と例文
読み方割合
おおつきしゅんさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其処の長屋を貸すと云うので、早速岡本と私とその長屋に住込で、両人自炊の世帯持になった、夫れから同行の原田は下谷練塀小路大医大槻俊斎先生の処へ入込だ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
江戸にてから下谷練塀小路大槻俊斎先生の塾に朋友があって、私はその時鉄砲洲に居たが、その朋友の処へ話にて、夜になって練塀小路を出掛けて、和泉橋の処に来ると雨が降出した。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)