“大槻斎宮”の読み方と例文
読み方割合
おおつきいつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大槻斎宮より書状にて、里見十左衛門が増し御合力の不当を非難する文書を、諸方へ配っておると申し、その写しを送ってまいりました。
「いま国から大槻斎宮が着いた、仙台のようすはほぼ予想どおりらしい。大学がまいるとひともめあるぞ」
ただいま仙台より大槻斎宮の急使が到着致しました。