樅ノ木は残ったもみノきはのこった03 第三部03 だいさんぶ
七月中旬の午後、——ひどく暑い日で、風もなく、白く乾いた奥州街道を、西にかたむいた陽が、じりじりと照らしていた。 「そうだ、あいつだ」と伊東七十郎は歩きながらつぶやいた、「どこかで見た顔だと思ったが、たしかに彼に相違ない」 七十郎は、片方の …
作品に特徴的な語句
ばさま じょ かち しも はにか 妄説ぼうせつ 向前こうぜん 化粧けわい どき はつ 小舟おぶね おこ 浮腫むくみ かん たかどの 胸乳ちち 打坐だざ 引剥ひんむ 尾鰭おびれ もり うかが つの かっ たい ごおり たて あら 花押かおう ひる 茅葺かやぶ 徳利とっくり 御成おな 魚躰ぎょたい あるじ 弓弦ゆんづる 弑逆しぎゃく ろう ふく 蔵人くらんど 押籠おしこめ 蚊遣かや 宿老しゅくろう つか 家中かちゅう きま まく さら 掻合かきあ かなめ こび おと ゆす おんな 如何いかん 紊乱ぶんらん たず うわさ もう 斎宮いつき 断崖きりぎし あつ はま 施与せよ 旗下きか 稲架いねかけ あざ またが 唐琴からごと 饒舌じょうぜつ から はずかし 辻斬つじぎ つか 燈火ともしび 金山きんざん つら かたわら 港市みなとまち 刎首ふんしゅ とき 爪弾つまび 牢舎ろうしゃ ふくべ はり 隻手せきしゅ
題名が同じ作品
樅ノ木は残った:01 第一部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:02 第二部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
樅ノ木は残った:04 第四部 (新字新仮名)山本周五郎 (著)