“覘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねら68.3%
のぞ13.8%
うかが9.4%
ねらい3.6%
うかゞ1.8%
ねらひ0.9%
ねろ0.9%
うかご0.4%
にら0.4%
ノゾ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふに、いつたい僕等日本人麻雀神經質ぎる。末梢的ぎる。勿論ひ、へ、相手勝負事だ。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
もの優しく肩が動くと、その蝋の火が、件の絵襖の穴をく……その火が、洋燈の中へ、𤏋と入って、一つになったようだった。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なおも息を殺して怪しい女客の様子をっていると驚いた。彼女の表情はみるみる変って、その顔は恐ろしく物凄くなって来た。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
今までにどこか罪な想像をましくしたというましさもあり、またと向ってすぐとは云いい皮肉なを付けた自覚もあるので
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
右京殿が御下城の折に駕籠訴を致しましたのは、料理店立花屋源太郎でございます。さて源太郎は隙をって右手に願書を捧げ
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ロミオ はて、れた。戀愛神弱弓では射落されぬぢゃ。處女神へ、貞操めて、孱弱矢なぞでは些小手創をもはぬ
前にも一度、兵馬はこの家をうて、それがために御金蔵破りの嫌疑をって、獄中に繋がれた苦い経験を思い出さないわけにはゆきません。
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
さてその分身たる河童小僧が、ミヅシ、メドチ、シンツチ等のを保続して肛門をうたり、町婦を姙ませたり、荷馬を弱らせたりし居ると判る。
その老人に見聞した事件を洗いざらい物語ってゆくうち、かの老人はニッケル貨幣に強い磁気のあることを発見して、これは怪しいとむ。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
神のいはりをくよしもが
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)