“ねろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネロ
語句割合
50.0%
嶺呂25.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角の巨人、いたずらに、だだあ、がんまの娘をねろうて、鼻の下の長きことその脚のごとくならんとす。
遠野の奇聞 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「左様、そなたは、大方、他人のいのちをねろうている——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
さねさし相模さがみ嶺呂ねろに燃ゆる火の夜ははた赤く見ゆる頃かも
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
此頂上に立って西北を望むと、くろほの嶺呂ねろと『万葉集』に歌われた黒檜くろび山以下の六峰から裾野のはてかけて、一眸いちぼうの中に展開するので、成程これはと首肯されることと思う。
山と村 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
前にも一度、兵馬はこの家をねろうて、それがために御金蔵破りの嫌疑をこうむって、獄中に繋がれた苦い経験を思い出さないわけにはゆきません。
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この一言がしかし佐古をぎくりとさせた。経営者の眼は多鶴子の胸から腰へ執拗に注がれていた。音を立てるような視線だった。(ねろてけつかる)佐古はすっかり狼狽してしまった。
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)